Menu

ガーデニングのフェンスの費用相場

庭を華やかにしてくれるガーデニングに利用することができるフェンスを設置するときは、その大きさによって費用は大きく変わってきます。例えば目隠し用のフェンスを流用するのであれば、それに張り付けるといった感じでも取付けることができるので、材料費も安くなりますし、自分でも取り付けることができます。もしも最初から庭のリフォーム工事をして最初から作るという場合では、土台となる基礎工事なども必要になりますし、専門の業者にお願いしなければならないことということもあります。そうなると料金もある程度かかってしまいます。どのような庭にしたいのか、そして草花をどのように飾っていきたいのかというイメージをあらかじめ持っていると素材選びなどもスムーズにできるでしょう。

素材や材質は大きく分けて3つあります

庭の雰囲気や大きさによってフェンスのデザインはいろいろと選ぶことができます。その中でも重要なのがどの素材を使っているものを選ぶのかということです。素材は大きく3つにわけることができるのです。まず一番安価なのが鉄やアルミを使った金属製のものです。色の種類も多くてデザイン的にも種類が豊富なのでどのような家でも雰囲気にあったものを選びやすいという特徴があります。次に竹を利用した和風のものです。垣根や竹垣など純和風の家に似合う素材で、自然素材のものと樹脂製のものがあるのですが、材料が丈なので強度や耐久性についてはアルミ製のものと比べるとありませんが、雰囲気の良い庭を造るのに向いているといえるでしょう。最後に木製のものになるのですが、こちらも竹製のものと同じように定期的なメンテナンスが必要になります。ただ加工がしやすくガーデニングにも向いている素材といえるでしょう。素材選びには予算と耐久性などを考慮して選ぶといいでしょう。

素材別に値段はどれくらいかかるのか

ガーデニングに利用することができるフェンスの素材やデザインはいろいろあるのですが、値段から考えるとアルミのものが一番安価で使いやすいといえます。竹製や木製のものもガーデニングの雰囲気にあって使いやすい素材なのですが、やはりアルミ製のものと比べると強度がありませんし、自然素材のものを利用するので風にさらされると傷んでしまいますので定期的なメンテナンスも必要になります。しかし既存の壁などを利用して設置するのであれば、木製のものなどは比較的安価で購入することができ、設置も簡単なので利用しやすいかもしれません。選ぶ時にはどのように設置するのか、予算やどれくらいメンテナンスが必要なのかを考えておくとよいでしょう。また自分で設置することができるのか工事が必要なのかも重要になります。