Menu

ガーデニング用のフェンスを選ぶ時の注意

ガーデニングフェンスを選ぶときの注意点について説明します。素材に応じてそれぞれの特徴があるので、その特徴をしっかりと理解した上で選ぶことが大切です。また、自分のイメージをしっかりと固めてから、選ぶようにすることも大切です。家の外観のイメージを決めるほど見る人に大きなインパクトを与えるものですから、自分のイメージと実際の仕上がりをしっかりと一致させることができるようにしておくと良いです。また、フェンスの高さはしっかりと計算して選択すると良いです。高さが足りなくて外から丸見えとなってしまうようでは、意味をなしません。素材の違いによるメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、イメージと合うように選択し、その際には、高さをしっかりと計算しておくことが大切です。

素材によってどんなメリットとデメリットがある?

ガーデニングフェンスで使われる素材は、主にアルミ製、樹脂製、木製のものがあります。アルミ製は非常に軽く、手入れも比較的楽なので、人気のある素材です。ただし、アルミ製の場合には、金属特有の冷たさを見る人に与えるというデメリットもあることをしっかりと理解することが大切です。また、樹脂製のものは、比較的コストが安いというメリットがあり、様々な色や形のものがあるというメリットがあります。ただし、アルミ製と比較して耐久性が下がるため、長期的に見れば交換の必要性が生じるというデメリットがあります。木製の場合の最大の利点は、見た目が非常にオシャレであるという点です。ただし、木製のものは耐久性に優れず、虫などの被害に遭う可能性があります。このような素材によるメリットとデメリットを理解して選ぶことが大切です。

事前にしっかりとイメージして採寸すること!

ガーデニングフェンスを設置する場合には、事前にしっかりとイメージを固めておくことが大切です。外から見てどのようにしたいのか、あるいは家の中から見てどのようなイメージにしたいのかをしっかりと考えておくことが大切です。家の外観とマッチするようにしないとチグハグな印象となってしまうため、しっかりとマッチさせることが大切です。素材によっても、相性があるので、その点もしっかりと考慮しましょう。サイズについてもしっかりと計測しておくことが大切です。高さが足りないと家の中が見えてしまいますし、高すぎても圧迫感を感じる原因となってしまいます。しっかりとサイズを計測して自分のイメージを固めておくようにすれば、そのようなこともなくなるので、計画性を持って設置に臨むことが大切です。